アルバイトの探し方と社会人経験について


アルバイトの探し方と
社会人経験について

アルバイトは社会人経験になる?

学生でアルバイトをする場合は、将来正社員の採用を目指してバイト先を選ぶこともあるでしょう。なかには高校時代からアルバイトをしているので、かなり社会人経験があると思っている人もいます。しかし、基本的に日本では社会人経験は正社員経験のことを指すものであるため、アルバイトやフリーターは何年もの経験があっても社会人経験とみなされません。

つまり、社会人経験とは学校を卒業した後に仕事に従事した経験を指します。アルバイトも立派な社会人経験となりそうですが、この考え方からすると、実際の就職選考では正社員経験のみが職歴として認められる場合が多いのです。

企業が求める社会人経験とは、仕事に対する責任を負う経験、社会人スキルを想定していることが多いようです。例えバイトリーダーになって責任のある仕事をしても、結局なにかあった際に責任を負うのは社員です。また、接客の経験があるからといって正しい敬語の使い方やビジネスメールの打ち方などが身についているとは言えないでしょう。

アルバイト経験を就職に活かしたい場合は、即戦力として働くことができるスキルや経験、最低限のビジネスマナーを備えていることを強くアピールできることなどが求められます。