アルバイトの探し方と社会人経験について


アルバイトの探し方と
社会人経験について

アルバイトとパートの違い

アルバイトをする際に、同じ仕事内容なのにパートという存在があることに違和感を覚えている人もいるのではないでしょうか。法律的にはアルバイトもパートも労働者であることに違いはなく、雇用形態や働き方に明確な規定はありません。

正社員と契約社員では雇用形態が異なりますが、アルバイトやパートは短期時間労働者としては同じです。パートは法律によって、1週間の労働時間が、事業所で雇用されている一般的な労働者の労働時間に比べて短い労働者であることと規定されています。賃金や労働時間を除けば、一般的な社員と同じ待遇であることになります。

一方でアルバイトに法的な規定はなく、パートと同じように募集されることがほとんどです。求人の際にお店や会社ごとに独自に適されていることが多いものですが、法律上問題はありません。

一般的な考え方としては、アルバイトは高校生や大学生などの学生が対象で比較的短期で働く人、パートは既婚女性で比較的長く働く人を想定しているようです。また雇用する側からすると、アルバイトは学生がほとんどとなるため、社会経験が少なく短期間でやめるものの、シフトが自由に組みやすいというメリットがあります。「アルバイト募集」の求人のほとんどは、そのような学生を対象にしていることを認識しておくといいでしょう。